2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて

筑波大学では、文部科学省(スポーツ庁)より本事業を受託し、2020年の東京大会を契機としたオリンピック・パラリンピック・ムーブメント推進の有意義な展開について検討しています。平成27(2015)年度は、本学のCOREを拠点に宮城県・京都府・福岡県の各教育委員会と連携し、全国の学校や地域における「オリンピック・パラリンピック教育」の方法を効果的な手法を考案いたしました。本調査研究の成果が広く参照され、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた施策にとって有意義な知見となることを期待します。

Pick up Report

  • 京都市立大宅中学校

    目標・ねらい 肢体の不自由な人への対応について、その心構えなどを学び、社会福祉への理解を深め、人権尊重の意識を高める。 実践の内容 1.京都市教育委員会 体育健康教育室参与 坂野晴男様より 日...続きを読む
    推進校

  • 宮城大学

    目標・ねらい 宮城大学は平成23年9月より教職員と学生が一体となり被災地でのボランティア活動を展開している。その活動の一つである「スマイル健康塾」は震災後の不安定な生活を余儀なくされている被災者に対...続きを読む
    推進校

  • 福岡県豊前市立横武小学校

    目標・ねらい ゲームを行う時、フェアプレーの精神を養う教育的活動を明らかにすること。 実践の内容 オリンピック種目であるバスケットボールに類似するゲームを通して、チームで協力することの楽しさや、...続きを読む
    推進校