2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて

筑波大学では、スポーツ庁より本事業を受託し、2020年の東京大会を契機としたオリンピック・パラリンピック・ムーブメントの普及を推進しています。
平成28(2016)年度は、COREを拠点に茨城県・京都府・福岡県・宮城県の各教育委員会と連携し、全国の学校や地域における教員研修、推進校における教育実践、市民向けの公開フォーラム等を実施しました。
本事業の成果が広く波及し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた機運がさらに高まることを期待します。

Pick up Report

  • (京都府)宮津市立宮津中学校

    【目的・ねらい】 オリンピック・パラリンピックの価値 友情( ○ ) 卓越(  ) 尊重( ○ ) 勇気( ○ ) 決断力(  ) 平等(  ) 鼓舞(  ) ・陸上競技のパラリンピアンとの...続きを読む
    推進校(平成28年)

  • (茨城県)ひたちなか市立佐野小学校

    【目的・ねらい】 オリンピック・パラリンピックに関する知識を身に付け,スポーツの価値を再認識するとともに,障害のある人の生き方や考え方について学び,夢に向かって努力することができる児童の育成を図る。...続きを読む
    推進校(平成28年)

  • (福岡県)北九州市立西小倉小学校

    【目的・ねらい】 パラリンピック教育を推進していくために,効果的な方策の開発をし,その教育的効果を検証し,授業構想の構築を図る。 ①スポーツに対する見方・考え方を広げ,スポーツの多様性等への理解の...続きを読む
    推進校(平成28年)