2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて

筑波大学では、スポーツ庁より本事業を受託し、2020年の東京大会を契機としたオリンピック・パラリンピック・ムーブメントの普及を推進しています。
平成28(2016)年度は、COREを拠点に茨城県・京都府・福岡県・宮城県の各教育委員会と連携し、全国の学校や地域における教員研修、推進校における教育実践、市民向けの公開フォーラム等を実施しました。
本事業の成果が広く波及し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた機運がさらに高まることを期待します。

Pick up Report

  • (宮城県)国立大学法人宮城教育大学

    【目的・ねらい】 将来中等学校保健体育教師となる受講学生にオリンピック・パラリンピックを素材とした体育理論学習の授業づくりと実践を行わせることで,オリンピック・パラリンピックの意義を理解させるととも...続きを読む
    推進校(平成28年)

  • (京都府合同)井手町立井手小学校・多賀小学校(オリンピアンとの出会い)

    【目的・ねらい】 オリンピック・パラリンピックの価値 友情( ○ ) 卓越( ○ ) 尊重(  ) 勇気( ○ ) 決断力(  ) 平等(  ) 鼓舞( ○ ) ・オリンピアンとの出会いの中...続きを読む
    推進校(平成28年)

  • (福岡県)宗像市立吉武小学校

    【目的・ねらい】 福祉学習(視覚障害)を通して、社会生活の中で共に生きていくために自分ができることを見つけたり、パラリンピックの選手に体験やエピソードを聞くことにより、挑戦し続けるすばらしさについて...続きを読む
    推進校(平成28年)