2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて

筑波大学では、スポーツ庁より本事業を受託し、2020年の東京大会を契機としたオリンピック・パラリンピック・ムーブメントの普及を推進しています。
平成28(2016)年度は、COREを拠点に茨城県・京都府・福岡県・宮城県の各教育委員会と連携し、全国の学校や地域における教員研修、推進校における教育実践、市民向けの公開フォーラム等を実施しました。
本事業の成果が広く波及し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた機運がさらに高まることを期待します。

Pick up Report

  • (福岡県)県立玄界高等学校

    【目的・ねらい】 本校国際文化コースに在籍している外国籍生徒(1年生)の出身国と、日本の文化・風習等の違いを再確認する。また、2020年に開催されるオリンピック・パラリンピック東京大会に向けての意識...続きを読む
    推進校(平成28年)

  • (京都府)府立須知高等学校

    【目的・ねらい】 オリンピック・パラリンピックの価値 友情( 〇 ) 卓越( 〇 ) 尊重( 〇 ) 勇気( 〇 ) 決断力( 〇 ) 平等(  ) 鼓舞( 〇 ) オリンピアンが持つ、知識...続きを読む
    推進校(平成28年)

  • (宮城県)県立石巻西高等学校

    石巻西高等学校 ① 【目的・ねらい】 ・海外から招いた高校生との意見交換を通じ,国際社会で活躍できる人材の育成を目指す。 ・被災地校として本校が取り組んできた防災教育の成果や復興状況を,世界...続きを読む
    推進校(平成28年)