(京都府合同)井手町立井手小学校・多賀小学校(オリンピアンとの出会い)

(京都府合同)井手町立井手小学校・多賀小学校(オリンピアンとの出会い)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【目的・ねらい】

オリンピック・パラリンピックの価値
友情( ○ ) 卓越( ○ ) 尊重(  ) 勇気( ○ ) 決断力(  ) 平等(  ) 鼓舞( ○ )

・オリンピアンとの出会いの中で、運動への関心を高め、『さあやってみよう』という「スポーツごころ」を育てる。

・一流選手の指導を受けたことをはげみに、自身の記録に挑戦することによって、自信や希望を持って何事にもチャレンジする精神を育てる。

【実践内容等】

1 事前指導 ※朝原選手の活躍を収めたDVDの活用

2 オリンピアンとの出会い
朝原宣治氏(北京オリンピック4×100mリレー銅メダリスト)
山本慎吾氏(小学生100m日本記録保持者)
(1) 準備運動<NOBY体操>
(2) 実技指導<リレーのバトンパスのコツ等>
(3) オリンピアンに挑戦<4×50mリレー・50m走で、代表者が競走>

3 事後指導 ※体育指導でNOVY体操を実施

(実践上の工夫点、留意点等)
(1)オリンピアンとの出会いを効果的にするため、事前指導を実施した。

(2)オリンピアンのスケジュールに合わせて、全体のプログラムを変更し、オリンピアンとの交流の時間を十分に確保できるようにした。

(3)指導していただいたトレーニング法を、体育科の指導に取り入れた。

(成果)
(1) 事後の児童の様子から、「銅メダリストの朝原選手と一緒に体操ができてうれしかった」「教えてもらったことを意識してやったら、バトンパスがうまくできてよかった」「目標を持って努力することが大切だと思った」「運動が苦手だったけど、走るのが少し好きになった」「東京オリンピックが楽しみ」など様々な感想が聞かれ、交流の成果がみられた。

(2) NOVY体操を教えていただいたことで、体育科の指導のバリエションが増えた。来年度意向の体力テスト等で運動の能力の向上が見られることを期待したい。

*資料<当日の様子>

   

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

オリンピアンの日程調整が難しいが、運動への意欲を高める上でとても効果的な取組であり、来年度以降も継続していきたい。