(京都府)井手町立泉ヶ丘中学校(国際交流)

(京都府)井手町立泉ヶ丘中学校(国際交流)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【目的・ねらい】

オリンピック・パラリンピックの価値
友情( ○ ) 卓越( ○ ) 尊重( ○ ) 勇気( ) 決断力( ) 平等( ) 鼓舞( )

泉ヶ丘中学校国際交流・海外派遣事業を通して、スポーツ・文化についての理解を深めるとともに、おもてなしの心を育成する。

【実践内容等】

1 クリケット、ネットボールでの交流


小学校でもクリケットを実施
(用具は、日本クリケット協会より寄贈)

2 能楽鑑賞会での交流

3 茶道体験を通した交流

4 部活動を通した交流

5 町内小学校との交流

6 町民運動会への参加・交流

(実践上の工夫点、留意点等)
本町の事業である「泉ヶ丘中学校国際交流・海外派遣事業」での姉妹校留学生受け入れ期間を中心に取り組んだ。中学生どうしの交流だけでなく、小学生や地域住民とも交流できるよう意識した。

(成果)
右のグラフからも分かるように、ほとんどの生徒が海外のスポーツや文化に興味を示した。
また、日本の文化の紹介にも意欲的で、おもてなしの心をもって留学生を受け入れることができた。

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

オリンピック・パラリンピック教育の視点を明確にし、今後も継続していきたい。