(福岡県)県立福岡特別支援学校

(福岡県)県立福岡特別支援学校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【目的・ねらい】

・誰でも参加できるパラリンピックの正式種目「ボッチャ」を通して競技力向上とスポーツへの志向意欲を高めるとともに、広く社会参加の促進に資する。

・スポーツでの交流を通して生徒相互の親睦を深めるとともに、心身の健全な発達、生きがいのある豊かな生活の実現を目指す。

【実践内容等】

1 開会式
①開会宣言  ②大会会長挨拶  ③来賓紹介  ④選手宣誓  ⑤学校紹介


【大会会長挨拶】


【選手宣誓】


【学校紹介】

2 ボッチャ競技
①予選(全9チームを3つのリーグに分けて行った。)
②決勝(各予選リーグの1位同士、2位同士、3位同士でリーグ戦を行い、順位を決定した。)

3 閉会式
①成績発表  ②表彰  ③大会会長挨拶  ④閉会宣言

※その他

【氷柱・扇風機】


【メダル】


【参加賞】

(実践上の工夫点、留意点等)
・生徒相互の親睦を深めるため、学校紹介を行った。また、チーム編成を学校単位でなく、混成チームとした。

・ボッチャを授業等で実施していない学校もあったので、反則は厳密に取らず、注意事項を指導した後にやり直しをさせた。

・全てのチームが大会(競技)を楽しめるように4試合ずつ行った。

・参加意欲を高めるために、上位3チームにメダルを授与した。

・空調設備のない体育館での実施だったので、暑さ対策として氷柱及び扇風機(工場扇)を8箇所に設置して行った。

(成果)
・1試合目より2試合目、2試合目より3試合目と段々会話が増え、親睦が深まった。また、生徒だけでなく、保護者及び教員の親睦も深まった。

・当日知り合った仲間と協力して取り組むことで、一緒に喜んだり悔しがったりして運動を楽しむことができた。

・ボッチャ競技に対して興味を持ち、ぜひ来年も参加したいという声が多数あった。(特に、保護者から)

・「来年は練習して絶対メダルを取る」と意欲満々の生徒が多くみられた。

・暑さ対策によって、休憩室で休むことなく体育館で競技や応援ができ、大会が盛り上がった。

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

・講師の派遣、手作り教材・教具の作成や購入等の必要があるので、ある程度の費用がかかる。