宮城県立仙台三桜高等学校

宮城県立仙台三桜高等学校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目標・ねらい

・スポーツ文化への関わり方は「する・みる・支える・調べる」の4つの要素があるが、この中の「する・支える」の視点からこれからの社会に求められる資質・能力の育成を図る。

・児童生徒をはじめとした若者に対する、これからの社会に求められる資質・能力等の育成。

実践の内容

1.講演会

・講師:柴小屋康行(元サントリーサンバーズバレーボールチーム/元全日本代表)

・題名:「頂点を目指して~東京オリンピックへの期待~」

2.実技指導

・講師:柴小屋康行(元サントリーサンバーズバレーボールチーム/元全日本代表)

3.ワールドカップバレーボール仙台大会補助員

実践の成果

①モチベーション(意欲・やる気)の維持・高揚

・努力する喜び、継続することの大切さ

・感動して、自ら動く(夢を育てる)31

②人をつなげる、社会とつながる(社会貢献)

・自分の役割を果たすことから、社会に貢献し自己肯定感を育てる