作成者別アーカイブ: core

(茨城県)鉾田市立旭東小学校

(茨城県)鉾田市立旭東小学校

【目的・ねらい】

○ 障害者スポーツについての理解を深める。
○ パラリンピックについての理解を深める。
○ 「共生社会」についての理解を深める。
○ 障害のある方々が,一生懸命にスポーツに取り組む姿から,スポーツを愛する気持ちに共感し,自分自身のスポーツへの関心や意欲を高める。

【実践内容等】

1 車イスバスケットボール体験学習会
(1) 講師
スピニング・フーブス・レボリューション代表 齋藤 信之 氏
他車イスバスケットプレーヤー 5名
(2) 内容
○ 車イスバスケットボールの紹介,車イスバスケットボールを始めたきっかけ,車イスバスケットボールを通して学んだこと等のお話を伺った。
○ 車イスの操作方法を教えて頂き,実際に車イスを操作し,車イスバスケットボールのゲーム体験を行った。

【車イスバスケットボール用車イスの操作を教わり,ゲームをする児童】

(3) 感想
○ 老人やけがをした人が使う車イス以外に競技用の車イスがあることを初めて知りました。
○ 今まで車イスや障害のある人をかわいそうだと思っていました。でも,齋藤先生は車イスに乗っていましたが,とても元気で悲しい顔をしていませんでした。
○ 齋藤先生の「がんばった分だけ自分に返ってくる」という言葉を忘れずに,何事にも挑戦していこうと思いました。
○ 車イスバスケは,足が不自由な人も不自由でない人もできることを知りました。
○ 車イスマークの駐車場所の意味(車イスを出し入れするために他の駐車場所より広くなっていること)を初めて知りました。車イスを使っていない人は,絶対に止めてはいけないことを家の人に教えようと思いました。

2 「おもてなしの心」の授業
(1) 講師
筑波大学客員教授 江上 いずみ 氏
(2) 内容
「グローバルマナーとおもてなしの心」
~2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて~

【挨拶を交わす講師と担任】                  【挨拶の練習をする児童】

(3) 感想
○ 「おもてなし」は「表なし」だから「裏もない」ことを初めて知りました。
○ 第一印象は,服装・表情・態度で3~5秒で決まることにびっくりしました。2020年の東京オリンピック・パラリンピックで初めて合う人たちに良い印象を与えられるようにしたいです。
○ 目→もの→目,家族に対しても心を込めて実行していきたいと思います。
○ 2020年東京オリンピック・パラリンピックに外国の方々がたくさん来るので,日本にまた来たいと思えるようなおもてなしをしたいと思いました。
○ 目を見て挨拶することの大切さ,笑顔,背筋をのばすと相手にとても良い印象をあたえます。実行していこうと思います。

3 ブラインドサッカー体験学習会
(1) 講師
筑波技術大学 福永 克己 氏(ブラインドサッカー日本代表コーチ)
佐々木ロベルト泉 氏(ブラインドサッカー日本代表)
森田 翼 氏
(2) 内容
ブラインドサッカーについての説明,アイマスクを付けて視界が奪われた世界でコミュニケーションをとる方法(声を出す・ボディータッチをする)を学び,実際に歩行体験を行ったあと,ブラインドサッカー体験を行った。
(3) 感想
○ 目が見えなくても,ドリブルで走ったり,凄いスピードのボールを蹴ったりして,普通に見えている人とまったく変わりなかった。
○ 障害があっても明るく,とっても楽しそうにサッカーをやったり,普通に箸を使って食事をしたりして,とっても凄いと思いました。
○ ブラインドサッカーを体験して,音だけで動けてとっても凄いと思いました。立つだけでもとっても怖くて,歩けないのに,ロベルト先生や 翼先生は凄いと思いました。
○ 東京パラリンピックでロベルト先生や翼先生が出る,ブラインドサッカーを応援したいと思いました。
○ 2020年の東京オリンピック・パラリンピックがとても楽しみです。

【ブラインドサッカーの説明を受け,グループ練習をする児童】

4 成果

事前調査において,リオオリンピックの開催された年であったので,90%以上の児童がオリンピックの存在を認識していた。
しかし,同様に開催されていたパラリンピックについて知っている児童は半数ほどであった。
また,障害者スポーツに対する認知度はさらに低く,「パラリンピック」という言葉だけの知識と考えられる。
本事業終了後の2月のアンケートでは,上表のように,5・6年児童のほぼ全員が認知度の低かったパラリンピック・障害者スポーツの認識を高めることができた。2020年の東京オリンピック・パラリンピックが楽しみになったとの声が聞かれるなど,オリンピック・パラリンピック・障害者スポーツへの関心を高める上で非常に有効な授業であった。
車イスバスケットボール・ブラインドサッカーの授業をとおして,障害があってもなくても,一緒のコートで同じようにバスケットやサッカーを楽しむことできることを知ったことは,児童にとっては大きな成果であった。
また,障害があることイコール,辛いこと・悲しいことと考えていた児童がほとんどであったが,障害を持った上での生活でも,明るく・前向きで,できないとあきらめることなく,どんなことにもチャレンジし,努力している姿に大きな影響を受け,努力する大切さ・あきらめない大切さを学んだ。

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

○ 今回は,5・6年生を対象にオリンピック・パラリンピック教育を実施したが,オリンピック・パラリンピック教育を充実させるためには,全教職員共通理解のもと全学年を対象に学校全体で取組を推進していく必要がある。

○ パラリンピックの競技を実際に児童に体験させる場合の用具の準備等難しい面がある。(普段使用しないため,学校の教材備品として備えてない場合が多い)

○ 障害者スポーツを指導するに当たって,講師の選定に非常に苦慮した。パラリンピアンや障害者スポーツの指導者リストがあるともっと充実した活動が展開できると感じた。

(茨城県)つくば市立上郷小学校

(茨城県)つくば市立上郷小学校

【目的・ねらい】

〇ウッドチップが敷かれた新しい校内の持久走コースを試走する中で,自分の健康や体力について深く知ったり,持久走大会に向けて目標タイム設定をしたりする。
〇1~4年までは,オリンピアンからオリンピック精神について,5・6年はキャリア教育の一環として,スポーツに関連した職業について知る。また,オリンピアンが出場した種目の実演をしていただいたり,可能な部分は児童も参加して実際に行ったりしてスポーツに親しむ心の育成を図る。

【実践内容等】

1 校内持久走大会に向けての取り組み
(1)オリンピック選手による講演,実技指導の実施
持久走大会(12/10)の前に,筑波大学弘山勉先生,オリンピック陸上競技代表弘山晴美先生をお招きして,講演及び実技指導を行った(12/1)。
講演では,弘山晴美先生のオリンピック出場までの練習の様子や競技を行う中で学んできたことを話していただいた。
実技指導では,全校児童を対象に腕ふり,走る姿勢などを指導していただき,音楽に合わせて実際に走りながらフォームを身に付けていった。最後にたすきをつなぎながら走ったり,マラソンの給水体験を行ったりもした。

 弘山晴美先生による講演                       弘山 勉先生による実技指導

弘山晴美先生による実技指導                        マラソンの給水体験

児童の感想                              児童の感想

(2)持久走大会に向けての練習,持久走大会の実施
大会前には,体育の授業で弘山先生から指導していただいたことをもとにコースの試走を行い,業間運動で5分間走を実施した。
大会は,学校敷地内に設けられたコースで,1・2年生は1km,3・4年生は1.5km,5・6年生は2kmを走って行った。児童は,事前の試走から各自の目標を設定して走った。他の学年や保護者の応援もある中,一人一人の児童が目標に向かって一生懸命に走ることができた。
1~6位に入った児童には賞状,完走した児童には完走証を授与した。また,4,5,6年生は練習をもとに具体的な目標タイムを出し,そのタイムと5秒差以内だった児童には「ピタリ賞」を授与した。

2 地域のオリンピアンによる講話,実技指導の実施
北京オリンピック柔道代表で,現在筑波大学柔道部監督をされている小野卓志先生による,講話及び実技指導を行った(1/28)。全校児童を,1・2年生と3年生1クラス,3年生1クラスと4~6年生に分けて実施した。内容は,1柔道の紹介,2受け身の指導,3講話の大きく3つに分けて進めた。
小野先生には,スライドや動画を準備していただき,柔道の説明を分かりやすく行っていただいた。また,受け手の方も同行していただいたので,内また,一本背負い等の投げ技を児童の間近で披露していただいた。児童も,豪快に投げている様子や,投げられた後の畳の音をすぐ近くで見たり聞いたりすることができた。
受け身の指導のために,畳約40畳(畳20畳,マット約20畳分)を体育館に用意した。1学年ずつ45人前後の児童が順番に,ゆりかご,腕を左右に開いて畳をたたく,座った状態からの受け身と段階を追って指導していただいた。
最後の講話では,小学校時代の様子,北京オリンピック出場とその後の選手生活についてお話いただいた。成功だけでなく,挫折したことやその時の周囲の励ましの言葉で,また競技を続けることができた話を聞くことで,児童も多くのことを学ぶことができた。


受け身の練習                                  小野先生による講話


内またの実演                                  児童による投げ技の体験


児童の感想                                 児童の感想

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

講師の先生との打ち合わせの時間がうまくとれず,メールや電話で連絡を取り合いながら準備を行った。事前の打ち合わせをスムーズに行える手立てがあると,校内での準備も進めやすい。

(茨城県)河内町立みずほ小学校

(茨城県)河内町立みずほ小学校

【目的・ねらい】

○ パラリンピックの趣旨や競技についての理解を深める。
○ おもてなしの心やボランティア精神を学ぶ
○ 車イステニスの体験を通して,パラリンピックへの興味・関心を高める。

【実践内容等】

本校では,オリンピック・パラリンピック教育を福祉・おもてなしという観点から総合的な学習の時間において以下のように単元を構成し,取り組んだ。

1 指導計画 単元名 「調べよう!パラリンピック」(14時間)

(1)「パラリンピックの趣旨や歴史,競技種目や特徴について調べよう」(4時間)
(2)「肢体に不自由のある人や高齢者の方の気持ちを考えよう」(2時間)車イス体験
(3)「聴覚に障害のある人とコミュニーケーションをとろう」(2時間)手話体験
(4)「おもてなしの心を学ぼう」(2時間)茶道体験
(5)「パラリンピック競技を実際に体験してみよう」(2時間)車イステニス体験
(6)まとめ(2時間)

2 指導の実際(体験活動を中心に)

(1)「肢体に不自由のある人や高齢者の方の気持ちを考えよう」(2時間)車イス体験
① 実施日 平成29年1月20日(金)
② 講師(以下,GT):
ボランティア団体「ひまわりの会」(5名)
③ 主な学習内容
ア 車イスの使い方の説明を聞く
イ 車イス体験をする
ウ 高齢者体験をする


視野を狭めるゴーグル,装具をつけての高齢者体験

(2)「聴覚に障害のある人とコミュニーケーションをとろう」(2時間)手話体験
① 実施日 平成29年1月26日(木) 図書室
② GT:ボランティア団体「たまごっち」「龍聴会」(計11名)
③ 主な学習内容
ア 全員で自己紹介の仕方を学ぶ
イ グループ毎に手話の仕方を学ぶ

(3)「おもてなしの心を学ぼう」(2時間)茶道体験
① 実施日 平成29年1月25日(水) 図書室
② GT:河内町まなびすと3名
③ 主な学習内容
ア 茶道の歴史や茶道の場について話を聞く
イ 茶道の所作についてお手本を見て学ぶ
ウ お茶をいただく側,もてなす側の体験をする


茶道体験の様子

(4)「パラリンピック競技を実際に体験してみよう」(2時間)車イステニス体験
① 実施日 2月9日(木) 体育館
② GT:シドニーパラリンピック車イステニス代表経験者1名,車イステニス競技者1名(大学生)
③ 主な学習内容
ア GTから球出しされたボールを打ち,通常のテニスを体験する。
イ 競技用の車イスにのってみる。
ウ 競技用の車イスにのり,GTから球出しされたボールを打つ。


GTの指導の下,競技用車イスを体験する


競技用の車イスにのり,ボールを打つ。

4 成果等

・車イス・高齢者体験は障害者スポーツの基礎知識として大変有効であった。

・手話を学んだ後,児童は朝の会で手話の1分間スピーチを行うなど手話を使うことへの関心が高まった。また,茶道体験を通して,お客様をもてなすということの意味を理解したようであった。

・(児童のお礼の手紙から抜粋)私は車イスを乗りながらテニスをする大変さが分かりました。それなのにあそこまで速く動けて「努力をたくさん積んできたんだなー。」と思いました。その大変さプラステニスと,難しいことばかりなのに本当にすごいと思いました。

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

・講師を見つけること。(特に,オリンピック・パラリンピックに出場したことのある選手)東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴い競技団体・協会等にも講師要請が増えているとのこと。

・児童に本物に触れる機会をいかにつくるか。

(茨城県)常陸大宮市立大宮中学校

(茨城県)常陸大宮市立大宮中学校

【目的・ねらい】

オリンピック・パラリンピックについて調べたり,競技を体験したりすることにより,オリンピックやパラリンピックへの興味・関心を高めるとともに,生徒が生涯にわたって豊かなスポーツライフを継続するための資質や能力を養う。

【実践内容等】

1 保健体育科の授業における取組(1学年)

(1)オリンピック・パラリンピック学習についてのオリエンテーション

ア オリンピック・パラリンピックについてのアンケートの実施

(ア)アンケート結果

「オリンピックを知っているか?」
①よく知っている 42% ②少し知っている 37%
③あまり知らない 16% ④全く知らない 5%

「パラリンピックを知っているか?」
①よく知っている 18% ②少し知っている 29%
③あまり知らない 37% ④全く知らない 16%

「今年2016年に開催されたオリンピックの都市は?」
①知っている 86% ②知らない 14%

「2020年に開催されるオリンピックの都市は?」
①知っている 92% ②知らない 8%

「オリンピック・パラリンピックの情報は,何で知りましたか?」
・TV  ・インターネット  ・雑誌  ・その他

以上から,オリンピックに比べ,パラリンピックの認知度が低いことが分かった。また,知るきっかけとしては,テレビ放映やインターネットなどによるメディアの影響が大きいことがうかがえた。

イ 保健体育科の授業の中で,オリンピック・パラリンピックの意義や歴史などについての学習を行った。
記憶に新しい2016年リオ オリンピック・パラリンピックだけでなく,今までのオリンピックでの日本選手の活躍やオリンピックマークの意味などをクイズ形式で問いかけたり,オリンピックの歴史や競技種目についての説明をしたりすることで,2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックへの興味や関心を持つことができた。

(2)オリンピック・パラリンピックについての調べ学習
ア オリンピック・パラリンピックに関して,生徒それぞれが自由にテーマを設定し,書籍やパソコン等で調べ学習を行いながら新聞形式でまとめを行った。
〈生徒がまとめた内容の例〉
「オリンピックの歴史」「オリンピックの種目について」
「オリンピックのボランティアについて」
「オリンピック・パラリンピックに参加する国々について」
「パラリンピックの歴史について」 など

 

【生徒のワークシート】

イ 展示発表やクラスによる発表を行い学年全体への醸成を行った。
生徒それぞれが自分のテーマに沿った調べ学習をすることで,分からなかったことを新たに知識として習得したり,新たに疑問をもち調べたりするなど,よりいっそうオリンピック・パラリンピックに対する知識を深めることができた。

(3)視覚障害者マラソン体験
視覚障害者ランナーやガイドランナーの方々に,ゲストティーチャーとして来校していただきマラソン競技に取り組むことになったきっかけや走る目的についての話を聞いたり,生徒自身が実際に視覚障害者ランナーやガイドランナーの立場になって体験をしたりした。

ア 講師の先生よる講話


ブラインドランナー(浅見さん)とガイドランナー(藤田さん)の二人には,マラソンを始めたきっかけや,二人で走るために大切な事など,経験してきた人にしか分からないような話をしていただいた。
特に,二人の間の信頼関係がマラソンを続けるためには必要だという話しに,生徒は耳を傾けながら聞いていた。

イ 視覚障害者マラソンの体験

ウ 生徒の感想

(4)ブラインドサッカー体験
オリンピック・パラリンピックについての競技体験の場を充実させるために1学年保健体育科の授業(球技・ゴール型)において,ブラインドサッカーの体験を行った。

視覚障害者スポーツを体験したことで,障害者の方への理解を深めるとともに,様々な立場の人たちが障害者スポーツに携わっていることや,障害者もスポーツをライフスタイルの一部としていることを感じることができた。また,競技をしたことだけでなく,普段の生活における障害者との関わり方や接し方についても感想を述べている生徒が多く,体験を通して様々な事を学ぶことができた。

2 生徒会によるパラオ共和国との交流(1・2学年)
東京オリンピック・パラリンピックにおけるパラオ選手団の事前キャンプ実施で,パラオ共和国と常陸大宮市が合意し,その視察等のため来日したパラオオリンピック委員会の方々を本校に招待した。武道,書道や箏の授業を見学した上で体験を行ったり,体育館において本校生徒との文化交流会を図ったりした。

上記の写真は全体会の様子の一部であるが,生徒会長による歓迎のスピーチに続いて,パラオ共和国の方から映像を上映し,国の歴史や文化などを紹介していただいた。その後,生徒からの質問がすべて英語で行われ,お互いの国の理解を深めることができた。生徒達は,「日本と友好が深い国なので,これからもっとパラオについて調べてみたい,もっと友好が深まればよいと感じた。」「オリンピック選手を間近で見られる機会なので,常陸大宮市にキャンプ地が決定して欲しい。」などの感想を述べていた。交流会を通して,オリンピックのことだけでなく,異文化に対する興味・関心を高めることができた。

3 クロスカントリー大会への参加(各運動部活動)
体力の保持増進や競技力の向上のみならず,オリンピアンやパラリンピアンの方々とのふれあいを通し,マラソンや将来のオリンピック・パラリンピックへの興味関心を高めることを目的として,常陸大宮市で毎年開催されているクロスカントリー大会への参加を促した。
大会に参加した生徒からは,「上位に入賞してよかった。来年もがんばりたい。」,「常陸大宮市駅伝大会に向けて練習をがんばりたい。」,「オリンピアンの走りを見てきれいなフォームだと思った。とても勉強になった。」など,生徒は大会に参加したことで様々な事を感じることができたようだ。

 

成果
(1)アンケート結果  ※( )内は,事前アンケートとの比較

「オリンピックを知っているか?」
①よく知っている 49%(△7%) ②少し知っている 39%(△2%)
③あまり知らない 12%(▼4%) ④全く知らない 0%(▼5%)

「パラリンピックを知っているか?」
①よく知っている 39%(△21%) ②少し知っている 47%(△18%)
③あまり知らない 16%(▼20%) ④全く知らない 0%(▼16%)

「今年2016年に開催されたオリンピックの都市は?」
①知っている 100%(△14%) ②知らない 0%(▼14%)

「2020年に開催されるオリンピックの都市は?」
①知っている 100%(△8%) ②知らない 0%(▼8%)

(2)オリンピック・パラリンピック教育を終えて
<生徒の感想から>
・オリンピックやパラリンピックのことについてよく分かった。
・オリンピックの競技やルールのことを詳しく知ることができた。
・視覚障害者マラソンやブラインドサッカーを体験することができてよかった。視覚に障害がなくてもみんなが楽しめるようなものだった。
・東京オリンピックには,選手として参加するのは難しいかもしれないけど,ボランティアで参加できれば参加してみたい。

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

● 本事業を受けて実践するまでの準備期間が不十分であった。特にゲストティーチャーやオリンピアンなどを招待する場合は,スケジュール調整や金銭面での調整が必要になるため,早い時期での計画が大切である。また,本学習をカリキュラムのどこに位置づけるかなど,学年間の連携や計画をしっかりと立てることが必要である。

(茨城県)日立市立大久保中学校

(茨城県)日立市立大久保中学校

【目的・ねらい】

・パラリンピック(障害者スポーツ)の競技についての理解を深める。

・スポーツに取り組む姿勢の素晴らしさやスポーツを愛する気持ちについて考える良い機会とし、自分自身のスポーツへの関心や意欲を高めたり、2019年の茨城国体、2020年の東京オリンピック・パラリンピックへの機運を高めるきっかけとしたい。

【実践内容等】

1 アンケート調査の実施
本事業を受け、生徒がオリンピック・パラリンピックに対し、どのような認識でいるのかをアンケート調査した。その主な結果は次のとおりである。(各項目に対し肯定的な回答をした生徒の割合を示す)
(1) 東京オリンピック・パラリンピックの開催が楽しみである。(82.2%)
(2) リオデジャネイロパラリンピックを観たり情報に接したりして、パラスポーツ(障害者スポーツ)へのイメージが変わった。(86.2%)
(3) パラスポーツ(障害者スポーツ)を応援しようと思う。(90.8%)
(4) パラスポーツ(障害者スポーツ)を実際に見てみたいと思う。(67.8%)
(5) 2020年の東京オリンピック・パラリンピックにボランティアとして参加したい。(55.3%)
(6) 自分の地域で実施される五輪関係のイベントに参加したい。(67.8%)
アンケートの結果から、オリンピック・パラリンピックや障害者スポーツに対しての意識は、報道等による情報から得たものであると捉える傾向であり、目の前に存在するものとしての認識は、あまり高くないことがわかる。

2 パラリンピアン講演会の実施
第1・2学年全員を対象とした講演会を実施した。生徒による進行で会を進め、講師による自転車での入場パフォーマンスや競技の紹介、パラリンピックの様子、障害と向き合って行くときの気持ち等についてお話をいただいた。
(1) 期日  平成29年1月13日(金) 5・6校時
(2) 講師  藤田 征樹 選手(リオ・パラリンピック銀メダリスト)
(3) 講演会の様子

ア 藤田選手からのメッセージ・・・「小さなことでもいいから、夢や希望をもち、一生懸命取り組み続けることが大切である。そして、その時に大切にしてほしいことは、考える力と相手を敬う気持ちである。」

イ 生徒の感想(抜粋)
・どんな障害をもっていても、一生懸命になってやる気持ちと努力をすれば夢は叶えられるんだと思い、自分もがんばろうと思った。(1年女)

・オリンピック選手と同じ気持ちでパラリンピック選手も戦っているのが分かり、もっとパラリンピックを応援したいと思った。(2年男)

・けがをしてもあきらめない心に感動しました。教えていただいた「夢を決める・一生懸命やる・続ける」を実践して、頑張っていきたいと思いました。(2年男)

・世の中にはいろいろな不自由をもっている人がいて、みんなで支え合って生活することの大切さを改めて感じた。(2年女)

(実践上の工夫点、留意点等)
・アンケート調査の結果から、パラスポーツ(障害者スポーツ)をより身近なものとして捉えることができるようにと、パラリンピアンによる講演会を設定した。また、講師の選定については、パラリンピアン協会の協力もあり、県内在住の選手、自転車競技という、身近に感じることができるものとした。

・講演会においては、生徒主体で進行するように計画した。進行役は生徒会、準備や質問を考える役は、ボランティア委員会が担当することとした。

(成果)
・アンケート結果をもとに、機運を高めるための講演会を設定したが、講師の藤田選手が県内在住であること、障害は交通事故によるものであったこと、競技が自転車であったことなどから、生徒は、障害者によるスポーツが、身近に存在することを実感できた。

・障害者スポーツに対する理解を深めるために、図書館司書担当と協力して、図書を各学級に設置するようにしている。興味をもって読む生徒も増えてきているので、さらに広める活動を展開していきたい。

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

・機運を高めるための環境づくりが必要である。年間指導計画の中への位置づけや学習内容を広めるための学習コーナーの設置などを明確にしなければならない。

・環境づくりのためには、全職員が、本事業の主旨や概要を理解し、共通認識のもとで取り組まなければならない。

・さらに、次年度以降に向け、実施計画を改めて作成し、本年度の取組を継続しつつ、学校全体で、2019年の茨城国体、2020年の東京オリンピック・パラリンピックへつなげていくことが必要である。

(茨城県)鉾田市立鉾田北中学校

(茨城県)鉾田市立鉾田北中学校

【目的・ねらい】

オリンピック・パラリンピックについて学習することを通して,スポーツの素晴らしさや多様な関わり方について考える。また,2020年の東京大会に向けて機運を高める。

【実践内容等】

1 実施内容
(1)全学年対象「オリンピック・パラリンピックについてのアンケート調査」
オリンピック・パラリンピックについてのアンケート調査を実施し,その結果を生徒にフィードバックした後,体育理論「国際的なスポーツ大会が果たす文化的役割」とともに,オリンピック精神について学習を行った。

アンケート調査の内容

(2)第1学年「柔道」
1年生の保健体育科「柔道」の授業において,担当教員と柔道経験者の教員がTTを行った。リオ・オリンピックでの柔道日本代表選手の活躍と男子代表チームの復権について学習した。また,受け身と寝技を中心に,苦手意識をもつ女子生徒等にも,安全に楽しく活動するスキルを習得させた。

男子代表チームについての学習                    寝技の学習     

(3)第2学年「バスケットボール」・バスケットボール部の部活動
2年生の保健体育科「バスケットボール」の授業及びバスケットボール部の活動において,リオ・オリンピックでの女子バスケットボール日本代表チームの活躍を映像で見せながら選手の動き方について学習し,知識を深めさせるとともに,ゲームに取り入れて活動を行った。


VTRでの学習                          動き方についてゲームで確認

2 成果
(1)アンケート調査や授業後に,オリンピック・パラリンピックの歴史や各種目,選手等に興味を持ち,積極的に参加や観戦をしてみたいという生徒が増えた。
(2)本校には柔道部がないため,教科の授業以外では柔道の活動を目にする機会はほとんどないが,今回の実践を通して,高等学校では柔道をやってみたいと関心をもった女子生徒もおり,オリンピック・パラリンピックの価値を踏まえた教育活動の成果を感じた。

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

・ 学校全体でオリンピック・パラリンピック教育を推進していくために,全職員で共通理解を図り,体制づくりをすることにより,部活動等での浸透が期待できる。
・ 特別活動や,総合的な学習の時間との関連を図ることが課題である。
・ 今後は,「おもてなし」や「ボランティア精神」の醸成について,道徳等との関連を図り,実践を継続していく必要がある。

(茨城県)土浦市立土浦第五中学校

(茨城県)土浦市立土浦第五中学校

【目的・ねらい】

オリンピック・パラリンピック教育を推進し,国際スポーツの認知や理解,障害者スポーツの実践から,スポーツライフを継続する資質や能力を育てる。

【実践内容等】

1 2020東京オリンピック・パラリンピック実践報告

(1) ○オリンピック・パラリンピックの歴史を学ぶ(1年保健体育)
ア 近代オリンピックの概要,歴史等について学習する
イ 1964年東京オリンピックのDVDを鑑賞する
ウ 近代オリンピックについて学んだ事をまとめる

(2) ○パラリンピック種目の実践①(ボッチャ,ゴールボール,ブラインドサッカー等)
(1年総合的な学習)

(3) ○おもてなし講座の実施(1年総合的な学習)
「グローバルマナーとおもてなしの心」
~筑波大学・大学院客員教授  江上いずみ 先生

(4) ○オリンピック・パラリンピック まとめの発表会(授業参観等)

2 「オリンピック教育」「おもてなし講座」の実施
2020年東京オリンピック・パラリンピック大会を3年後に控え,本校では,1年生を中心として「生徒一人一人がオリンピック・パラリンピック教育を推進し,国際スポーツの認知や理解,障害者スポーツの実践から,スポーツライフを継続する資質や能力を育てる。」をねらいとしてオリンピック教育やおもてなし講座,障害者スポーツの体験などを実践しました。

(1)第1学年「オリンピック教育」集会の実施 12/9
「オリンピック教育」では,近代オリンピックの概要や歴史を学び,1964年東京オリンピックのDVDを鑑賞することで,2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて生徒一人一人がオリンピック開催に興味関心を強くもつことができた。
ア 近代オリンピック教育資料をもとにオリンピックの概要や歴史について学ぶ
イ 1964年東京オリンピックの実録DVDを鑑賞し,2020年東京オリンピック,パラリンピックに向けて意識を高める機会とした。
ウ 「オリンピック教育」集会を終えて学んだことを話し合う機会を持った。
(感想等の記入発表)
エ 生徒感想から~
・オリンピック誕生の歴史や「オリンピック」という名前の由来,今までの開催国について学んだり,1964年に行われた東京オリンピックの当時の映像を見たりして様々なことを学びました。

・日本は,戦争を仕掛けた側として,招待されない時期があって,参加できなかったことにもびっくりしました。

・オリンピック教育を受けて,平和の大切さ,平和を保つ難しさを考える機会があり,とてもいい経験になりました。

・オリンピックが戦争で中断してしまったり,ボイコットした国があったりしたというのは,初めて知ったのでとてもびっくりしました。2020年の東京オリンピック,パラリンピックでは,そんなことが起きずに平和に開催されることを願っています。

・オリンピックは,いろいろな人種,肌の色,性別,宗教などの差別なくスポーツを競い合うためにオリンピック会場に入場していく様子は,オリンピックが平和の象徴だと言われているところだとよく分かりました。

・2020年に開催される東京オリンピック,パラリンピックに関心が持てる機会になりました。オリンピックが開催される年はテレビの前から全力で応援しようと思いました。

・オリンピックの歴史や開催国が分かり,オリンピックは平和の祭典の復興や復興をめざし手いることがよく分かりました。

(2) 第1学年 「おもてなし講座」の実施 2/7

2/7日(火)の5校時に体育館に於いて,1年生を対象に「おもてなし講座」を実施しました。講師として,元日本航空のCA,現筑波大学客員教授の江上いずみ先生をお招きしました。「おもてなし学」を元日本航空CAとしての経験を生かした英語を交えたテンポの良い口調とプレゼンを使いながら興味関心を得るお話を頂きました。

生徒達の感想から

◇ 私がおもてなし講座で学んだことは,とてもコミュニケーションが大事だと言うことです。江上先生は,人とのコミュニケーションを,事細かく教えてくれました。言葉遣いや,態度など,自分のことは考えずに,いつも相手のことを考えて行動しているので,これからは,私も心掛けていきたいと思います。そして,あいさつは改めて大切だととても思いました。そした,あいさつをすることは,自分もいい気持ちにもなるし,相手も笑顔になってくれるので素晴らしいことだと思いました。

◇ 僕は,今日のおもてなし講座で,様々なことを学びました。まず1つ目は,おもてなしという言葉には「もてなす」に,「お」をつけた意味があるという事と「表なし」という,表がなければ裏もないという意味があることが分かりました。それから2つ目は,飛行機の中でのキャビンアテンダントの正しい言葉遣いや正しい身だしなみなどが分かりました。正しい言葉遣いの中でも,先輩に「ご苦労様でした」とは言わずに,「お疲れさまでした。」と言わなければならないと言うことは初めて知ったので,今後の生活に取り入れていきたいです。

◇ 今まで「おもてなし」と言われてもあまり考えたことがなかったので今回の話はとても参考になりました。特に心に残ったのは,日本人は「尽くし上手」だけど,「尽くされ下手」だと言うことです。たしかにファミレスとかで料理がきたときも,ペコッと会釈をするだけで,「ありがとうございます」とは言わないことが多いと言うより,言ったことがなかったで納得しました。また,「目を合わす」と言うことも,心に残りました。これからは,先生や友達にも目を合わせながら話せるといいと思いました。

◇ 今回のおもてなし講座で,普段何気なくやってしまっていることが,実は失礼にあたるものだったことをたくさん見つけました。まず,礼の仕方です。学校では,授業の時の号令など,礼をすることがたくさんありますが,礼の仕方なんて気にしたことがありませんでした。しかし,今回の話を聞いて,失礼な礼だったことを知ったのでこれからの礼は,「分離礼」で,相手に失礼のないようにしたいです。また,部活の試合でもよく握手をするので,握手の仕方も学んだので気をつけたいです。

◇ 今回のおもてなし講座で学んで思ったことは,人の気持ちを考えることが大切だと思いました。いずみ先生が最初にいっていたおしぼりの話で,私は,おもてなしというのは,人を喜ばせる,人が見ていいと思うことがおもてなしだと思いました。CAの人は,お客様が満足できる,喜ばれる,そしてお客様はそれぞれ違うからそれに合わせて対応することが大変だと思いました。天皇陛下のお食事はつくってから5時間がたってしまうので,お茶を出すときもさましてから出すなど。だから,人間は一人一人違うからそれに合わせることを学びました。

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

・1年生を対象に保健体育と総合的な学習の時間の福祉に関する学習を活用して,オリンピック・パラリンピック教育推進を実践した。本事業を推進する中で,「おもてなし講座」などは社会生活の中で最も大切な思いやりや相手を気遣う大切さなどを学び,1学年だけではなく学校全体で取り組む必要性を感じた。年度途中からの取り組みだったので計画に無理が出たので,年度始めから綿密な計画を立てて推進することが大切であると感じた。

(茨城県)常総市立鬼怒中学校

(茨城県)常総市立鬼怒中学校

【目的・ねらい】

・パラリンピック競技についての理解を深める。
・障害をのり越えて前向きに生きるアスリートの思いや生き方を学び,(将来の)自分の生き方について考え,夢や目標をもって生きていこうとする覚悟と態度を養う。

【実践内容等】

1 総合的な学習の時間での調べ学習,発表
○全学年が「パラリンピック」の基本テーマのもと,グループごとにテーマを決めて調べたり,辻沙絵選手へ自分の思いを書いたりした。

2 「生き方に学ぶ」教育講演会

  
   明るい講演の様子             生徒に銅メダル見せる様子

○リオデジャネイロパラリンピック400m(T47)銅メダリストの辻沙絵選手を講師として迎え,「夢や目標をもって生きる =挑戦=」の演題のもとの講演をいただいた。

成果
(1)パラリンピック競技についての知識や理解が深まるばかりでなく,障害を乗り越えて前向きに生きるアスリートの辻沙絵選手からの心に響く講演や触れ合いを通して,生徒一人一人が自分の生き方の振り返りや,将来の自分の生き方について考え,夢や目標をもって生きていこうとする覚悟や態度の育成の足掛かりとなった。

(2)リオデジャネイロパラリンピック銅メダリストの辻沙絵選手の話を直接聞く機会を得たことにより,間近に迫る東京オリンピックパラリンピックのホス ト国の国民として障害に対する考え方やそれを乗り越えて挑戦していく人間の強さ等の貴さの価値についても考えることができた。

3 「おもてなし講座」

  
握手の仕方の説明の様子               生徒の退場を見送る様子

○元JAL客室乗務員で現在は筑波大学・大学院客員教授の江上いずみ先生を講師として迎え,「グローバルマナーとおもてなしの心」の演題のもと講演をいただいた。

成果
(1)日常生活にも関係するマナー,ルールやおもてなしの基本について学び,再考すると同時に次の日の生活から早速実践している生徒も多数いた。

(2)「グローバルマナーとおもてなしの心」の演題のもと,2020年東京オリンピック・パラリンピックのホスト国の国民として日本ばかりでなく,外国の方々を迎える際の文化の違いを踏まえた,相手の立場に立ったおもてなしの心の醸成につながった。

4 「ブラインドサッカー」の体験
○体育科の授業として障害者スポーツの理解を図るために実施した。

5 「道徳」による学習の深化
○これまでのパラリンピックに関する講演やおもてなし講座や体験活動を振り返り,今後の自分の生き方にどのように生かすかを考えた。

成果
(1)障害者ばかりでなく相手の立場に立った行動やマナー等の他者理解にもつながった。
(2)夢や目標をもって生きる大切さを再認識することで自主性・自立性の育成につながった。

【オリンピック・パラリンピック教育の実施に伴う問題点】

○学校全体でオリンピック・パラリンピック教育を進めていくための本事業の内容や趣旨,方法などを共通理解し全校体制で取組を推進していく必要がある。

○学習効果は非常に高いものがあったが,各種講演会や体験活動と各教科や領域との関連,教育課程の中での位置づけなど校務分掌を含めて計画的に進めていく必要がある。

○県保健体育課の方々にご協力をいただきながら実践してきたが,講師依頼や購入物等の事前準備などの面でも綿密に連携を図っていきたい。

○生徒が養ったものを次年度以降にも,いかにステップアップさせていくかを関係諸機関とも連携を図りながら考えていきたい。